ゆとり世代の若僧が書くブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「w」が国語辞典に載ってる件。発祥や死語になる可能性について 

「w」
だいたいの方が意味知っていると思います。
笑を意味する記号です。(笑)の略です。
昔は使ってたらオタクかよって、馬鹿にされていましたが、
最近はみんな使ってますね。




【発祥】
正しい発祥は不明です。
おそらく2000年代前半に、流行したPCオンラインゲームが発祥だと思われます。
PCのオンラインゲームでのチャット機能で、
(笑)と打つのが時間かかるので、笑→warai→wとなったと言われています。


そして、日本最大級の掲示板ちゃんねるでも使う人が増え、知名度がさらに、上がりました。


【知名度が全国区なったきっかけ】
2006年頃ソーシャル・ネットワーキングが大流行
例:モバゲー、ミクシィ―、グリー
ソーシャル内の掲示板や自己紹介で使う人が続出。これが知名度の全国区になるきっかけだったでしょう。


その後
2ちゃんねるまとめサイト・ニコ動が流行
スマホの普及とともに、まとめサイト、ニコ動といったものが人気になりました。


【2013年、国語辞典に掲載】
三省堂国語辞典第7版でとうとう「笑うことをあらわす文字」として掲載されました。


スポンサーサイト

国語辞典にも載りましたし、益々使う人が増えると思われます。
ただ私は、意外とこの「w」が死語になるのでは?と思っています。

理由①【「w」が、不快に感じる人がいる】
基本的に、人を嘲笑うとき使うので、不快に感じる方も多いみたいです。
最近では、「こんにちはw」みたいな感じで使う方もおり、そのなんでもかんでも使う人も増えているのも理由の一つです。

理由②【草が流行り始めている】
現在、「w」に変わって、最近、よく使われているのが、「草」です。意味、使い方は、同じです。wwwが草生えているように見えることから草と使われています。



個人的に、今後、wがどのようになっていくのか注目したいと思います!

スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2016/11/03 19:41 ] ホークの雑談 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ホーク

Author:ホーク
初めまして、ホークと言います。

【一期一会】
一期一会の「一期」とは一生という意味、
「一会」とは一度の出会いという意味で、
人と人との出会いは一度限りの大切なもの

一生に一度だからこそ相手に対して精一杯の誠意を尽くさなければならないのです。

私のブログには、検索してて、偶然来ることがほとんどでしょう。おそらく見るのは一度限りです。
だから、見てくれた人の人生の中で、少しで役に立てたらいいなと思って、精一杯の誠意込めたブログを書いています。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
19947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
664位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。